チョコレート素材(用語集)

カカオマス

「カカオマス」は、ココアパウダーやチョコレートの原料です。カカオ豆から作られる液体状のものを「カカオリカー」、固形のものを「カカオマス」とよんでいます。

カカオマス

「カカオマス」は、ココアパウダーやチョコレートの原料です。カカオ豆から作られる液体状のものを「カカオリカー」、固形のものを「カカオマス」とよんでいます。

クーベルチュールチョコレート

「クーベルチュールチョコレート」とは、ケーキなどに使われる脂肪分の高いチョコレートです。フランス語で「覆う」という意味があります。

カカオバターが含まれているため、口どけが良く、テンパリングしやすいという特徴があります。そのため、菓子のコーディング用として使われます。

CODEX国際規格によると
・総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の油脂は使わない、と厳格な基準が決められています。

ココアパウダー

「ココアパウダー」は、カカオマスからココアバターを絞った残りを細かく砕いたもの。

スィートチョコレート

ミルクを入れないチョコレートのことを「スィートチョコレート」とよびます。ビターチョコレートも「スィートチョコレート」の一種です。特に、カカオ分が50%くらいまでのチョコレートを「スィートチョコレート」、60%以上のものを「ビターチョコレート」とよぶこともあります。

セミスィートチョコレート

ミルク(粉乳)が少し入ったチョコレートを「セミスィートチョコレート」とよびます。「ミルクチョコレート」よりはミルクが少ないチョコレートです。

ビターチョコレート

カカオ分が40~60%で、ミルク(乳製品)が入らないチョコレートのことを、「ビターチョコレート」といいます。「ダークチョコレート」と、よぶこともあります。甘みが少なく、苦みが強いのが特徴です。

最近ではカカオ分が70~90%と苦みを活かしたチョコレートも販売されています。

ブラックチョコレート

ビターチョコレートの別の呼び方です。

ホワイトチョコレート

「ホワイトチョコレート」は「カカオマス」ではなく、「カカオバター」を使ってつくられたチョコレートです。カカオバターは白色のため色が白いチョコレートになります。苦みが少ないことが特徴で、ポリフェノールも含まれません。

ミルクチョコレート

チョコレートにミルク(乳製品)を混ぜたものを、「ミルクチョコレート」とよびます。クリーム粉乳を使ったものは「クリームチョコレート」ともよばれます。甘みとクリーミーさが特徴のチョコレートです。

-->

カカオマス 「カカオマス」は、ココアパウダーやチョコレートの原料です。カカオ豆から作られる液体状のものを「カカオリカー」、固形のものを「カカオマス」とよんでいます。 カカオマス 「カカオマス」は、ココアパウダーやチョコレ… 続きを読む

 

ページの先頭へ